おすすめ車情報

BIG PLEASURE COMPACT

スバルジャスティがマイナーチェンジしてサポカーSワイドに該当するようになりました。サポカーSとはセーフティサポートカーSの略で国が推奨する安全運転機能を搭載した車の事で特に高齢ドライバーにおすすめの車...
詳しくはこちら

お知らせ

禁煙のお知らせ

愛煙家の方には残念なお知らせですが、当店は4月1日より店内禁煙とさせていただきま...
詳しくはこちら

スタッフ紹介

三浦 裕介

メカニック 二級整備士(スバルショップ山陽)

趣味は釣りです(バス、シーバス、アコウ)。 嫁が呆れるくらいバス釣りしてきて、・・・


詳しくはこちら

「8大国立公園」を巡ってきました。

 「8大国立公園」を巡ってきました。写真撮影者:山縣

アメリカ西部には、世界でほかに類を見ないほど大規模かつ多様な自然景観が実に多く存在しています。
とくに「グランドサークル」(アリゾナ州とユタ州にまたがるパウエル湖を中心として、半径約225キロの円の内側の地域)と呼ばれるエリアには、全米約60カ所の国立公園のうち、10もの国立公園が集中しています。本ツアーでは、大自然を満喫するため、イエローストーン、グランドキャニオン、ブライスキャニオン、デスバレーの国立公園内に宿泊する行程といたしました。20億年以上も前の地層がむき出しとなっているグランドキャニオンや、周囲には遮るものがなく干上がって塩湖化してしまったデスバレーなど、各地には、まさに地球の歴史が凝縮された絶景が広がります。また、太陽の傾きとともに刻々と表情を変化させる様子をご覧いただけるのは、公園内に宿泊する人の特権といえるでしょう。

上記文は今回参加せて頂きましたツアーの説明文です。

今回はいつもより少し長めの旅行となりましたが、本当に素晴らしい景色と自然に触れることが出来ました。

沢山写真も撮りましたがあまりに多すぎてどれを選べばいいのか・・・
見て頂きたい写真が数多くここには1枚しか載せられないので・・・他の写真はFacebookページに載せておりますので見て下さい。

山縣

夏・・・・

夏・・・・去年カブトムシの繁殖箱作りをお手伝いした方から「そろそろカブトムシが出始めたぞー」と連絡がありました。2m四方・高さ1mの養殖箱に腐葉土をいっぱい入れて、相当な数の幼虫が入っていました。それが先週あたりから続々と成虫になって出てきているそうです。
カブトムシを見ていると気持ちが小学生時代に戻って、なんだか懐かしい気持ちになりました(笑)
もう来月は夏休みに入りますねぇ。

まさる

ゴミ?宝石?

ゴミ?宝石?先日、近くの海に貝殻とシーグラスを拾いに行きました。

近所の海でシーグラスを拾えるかどうか半信半疑でしたが、拍子抜けする位に 次々と拾えて 一緒に行った娘達も 宝石みたい!とはしゃぎながら拾っていました。

そんな娘達に、シーグラスも元は海に捨てられたゴミなんよと話してやったら、ちょっと難しい顔になりましたが『なら、ゴミ拾いじゃね』と どんどん拾って満足そうでした。

部屋の掃除も この調子で頑張ってくれたら良いんですけどね……

今回は 大人にとっても、娘達にとっても 色々と感じられた良い遊び時間になりました。

山﨑。

最近

最近タイヤショベル。川崎バイクじゃないですよ。v(・∀・*)
先月からショベルのタイヤ交換多いです。

私の整備士ブログもよろしく。
藤井

コース

コース前回はレース画像がNGでしたので、私のマシンでコースを友達の所で撮影してみました。
アクセルコントロール難しくおもしろいです(。>д<)

藤井

休日

休日私のお休みは、とある遊び場へ出かけてきました。
本格的な6コースあるスロットカーです。
レースの写真は個人情報になるのでかんべんして下さい。
ちなみに私のマシンはこのたび2台目を買いました。v(・∀・*)

藤井

熊野本宮大社

熊野本宮大社高野山〜熊野本宮大社
歩行距離 69.5km
4日間かけて歩いてきました。

大和地方の人々は熊野を死者の国(死後の世界)に近しい場所と考えていたようです。
熊野には以前から死者の国としてのイメージが与えられていたので、平安時代後期以降の浄土信仰の広がりのもと、
本宮(主神は阿弥陀如来)は西方極楽浄土、
新宮(速玉神は薬師如来)は東方浄瑠璃浄土、
那智(牟須美神は千手観音)は南方補陀落(ふだらく)浄土の地であると考えられ、
熊野全体が浄土の地であるとみなされるようになり中世、人々は生きながら浄土に生まれ変わることを目指して、熊野詣の道を歩いたそうです。

途中1,000m級の峠(伯母子峠・三浦峠)を越えてゆく道のり、長いだけでなく体力も気力も必要でしたが、徒歩でしか行けないところも多く「古道」を体感させていただきました。
今では「蟻の熊野詣」ほどの行列はなく「蟻」になれずに帰ってきました(笑)
山縣
 1  2  3  4  5  6  7